Google Fontが日本語フォント8種を正式サポート!

ナレッジ

すごくどうでもいいことですが、Google Fontでフォントを探せなかったときの画面ってちょっと面白いですよね。笑

さて。
GoogleのWebフォントサービス「Google Font」が日本語フォントのサービスを本格的に提供したそうです。

デジハリのカリキュラムでも、割と最初の段階で登場するGoogle Font。
もうすでに使ってるよ?という方もいらっしゃるかと思います。

これまでのは早期アクセスとして、完全にはサポートしていないフォントを試験的に提供していたのですね。
この度改めて日本語フォントを正式にサポートをしたということのようです。

Webフォント

Webデザインにこだわるとき、フォントは大きな要素を占めます。
しかしながら、MacだったりWinだったり、AndroidだったりWebサイトを見ている端末は人それぞれ。

従来のやり方(Webフォントを使わないやり方)では端末にインストールされているフォントしか表示されず、そのため意図したフォントで表示されない⇒Webページの印象が変わってしまう、という問題点がありました。

意図したフォントで多様な端末で見せたいというときは画像データで表示させる方法もありましたが、そうすると更新が面倒だったり、SEO的に・・・というデメリットもあったのです。

それを解決したのがWebフォントです。
Webフォントを使用することで、サーバーからデータを読み込んでWebページに表示させることが可能になりました。これにより端末や閲覧環境にかかわらず、統一したフォントデザインで表示できるようになったのです。

Webフォントのデメリット

「サーバーからデータを読み込んでWebページに表示させる」ということは、どの端末からでも同じフォントで表示できるため、表示環境に左右されにくい半面、フォントデータを読み込むため通信量が増えるというデメリットもあります。

特に文字数の多い日本語フォントについては、読み込むフォントサイズ大きくなりがちです。
そのため早期アクセスという試験運用だったものが、この度正式サポートになったのは技術的にこの問題が解決されたということなのでしょう。
詳しい技術的なことはDream Seedさんのブログに詳しく書いてあったので興味のある方はぜひご覧ください。

こんなフォントがあります。

今回サポートされたのは8書体。

・Noto Sans JP(継続)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・M PLUS 1p(継続)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・M PLUS Rounded 1c(継続)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・Sawarabi Mincho(継続)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・Sawarabi Gothic(継続)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・Noto Serif JP(新)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・Kosugi Maru(新)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

・Kosugi(新)

美しいフォントでデザインはもっと楽しくなる

「こころ明朝」や「はんなり明朝」、「ニコモジ」「ニクキュウ」は今回見送られた様子。ちょっと寂しいですね。
これからたくさんフォントが増えてくれることを期待しましょう。

いずれにしても、これによりもっともっとデザインの幅が広がりますね!