【卒業制作講評会】好きなことをただの趣味で終わらせず、デザインのスキルを鍛えて仕事にしていきたい! | 札幌でWebデザイナーを目指すならデジタルハリウッドSTUDIO札幌/Webとデザインを学べる専門スクール(学校)

デジタルハリウッドSTUDIO札幌

イベント報告

【卒業制作講評会】好きなことをただの趣味で終わらせず、デザインのスキルを鍛えて仕事にしていきたい!

こんにちは!
デジタルハリウッドSTUDIO札幌です!
今回の卒業生さんは、松本 明日香さん。

Webデザイナー専攻フリーランススタートアップパック+WordPress講座+PHP講座の計10ヶ月間の学習を終え、晴れて卒業制作講評会を迎えました!

入校のきっかけ

大学3年生の頃、周りのみんなが就職活動に励んでいた時期に自分のやりたいことがわからないと落ち込んだ松本さんは一冊の漫画と出会いました。

その漫画で描かれたセリフに感銘を受け、デザインや絵を描くといった好きなことをただの趣味で終わらせず仕事にしたい!そして学生時代最後にやりたいことに思いっきり挑戦したい!と決意しデジタルハリウッドSTUDIO札幌へ入校しました。

卒業制作【PAS A PAS

↑画像クリックでサイトにリンクします。

卒業制作は松本さんが1年以上通っているカフェのホームページ。

『PAS A PAS(パサパ)』はフランス語で「一歩一歩」の意味。15周年を迎えるカフェはクライアントが一人で運営しており、朝夕は常連さんが多くカフェ内にはお客様からのプレゼントがたくさん並べられています。

強みは、一人の時間を堪能したくなるカフェ店内の”雰囲気”

卒業制作を進めるにあたって他のお店や喫茶店へ行き客層やコンセプトをリサーチ。

この喫茶店の強みは?他店との違いは?ターゲットは?

何気なく入ったお店でもデザイナーとしての視点を意識することで、見たものをWebサイト制作に必要な情報としてキャッチ。それを踏まえてクライアントが運営するカフェのことを改めて考えました。

カフェのキャパシティは小さいものの、常連さんはクライアントの人柄の良さやカフェ店内の雰囲気を気に入って来店していることに注目。「独り」ではない空間で「一人」の時間を堪能したくなる雰囲気が伝わるホームページ制作を目指すことに!

工夫した点

卒業制作の時期が大学の卒業論文の時期と重なり、当初立てた計画通りに制作を進められない期間もありました。それでもWebサイト制作での妥協は一切ありません。シンプルかつシックな印象を追求しABOUTページではブロークングリッドレイアウトを採用。写真一枚ずつの見せ方まで工夫が施されています!

完成したサイトは「お客様みんなに大好評なんです」とクライアントも大絶賛。松本さんは卒業制作を通じて以前よりももっとクライアントとカフェのことが好きになりました!

卒業後は紙のグラフィックデザインも挑戦する!

カリキュラムの他にも自主的に書籍でデザインの勉強を進めた松本さん。

デザインコンペの案件にも積極的に参加しトレーナーのフィードバックも臆することなく素直に吸収。

歳上の受講生さんとも勇気を出して会話、苦手だったコミュニケーションも少しずつ克服し自信をつけていきました!

今後はWebデザインだけでなく紙のグラフィックデザインも挑戦していくとのことで、入校時の決意はデザイナーとなった松本さんの将来に続いています。

ご卒業おめでとうございます!