【卒業制作講評会】大好きなグラフィックに加えて、仕事でも活かせるWebのスキルが身につきました!

イベント報告

卒業制作講評会の様子をお伝えします!
今回の卒業生は、斉藤奈津子さん。
Webデザイナー専攻グラフィック経験者プラン+PHP講座+WordPress講座を受講、この度卒業を迎えました!

入校のきっかけ

大学でアニメーション研究室に所属し、大学時代からクリエイティブな世界に身を置いていた斉藤さん。現在は新聞社に勤務されており、普段からグラフィックソフトを扱ってグラフや表の作成などを行なっています。

今後は、Webデザインの仕事にも携わるかもしれない…紙だけでなくWebもということでSTUDIO札幌への入校を決めました。

卒業制作【ヒグマが街にやってくる


↑画像クリックでサイトにリンクします

ヒグマと人の今問題になっていることを紹介するサイトを制作しました。
イラストは斉藤さんが自分で一から制作、とても完成度が高いです。


ヒグマの生態を知らない人でも関心が持てる内容で、全体的にイラストや図を用いて制作されています。
視覚的にわかりやすく、印象に残りますね!!

なぜヒグマなのか

ヒグマの出没がニュースになることが多々ありますが、出没クマが駆除されると、「ヒグマがかわいそう」という声が6割に上ります。
自宅が緑や山に囲まれている斉藤さんにとって、ヒグマは小さい頃からとても身近な存在だったこともあり、ヒグマの危険性についても十分な理解がありました。
しかし、ヒグマを身近に感じていない人や、実害を被ることのない人にとっては、ヒグマが危険という認識はなく、なかなか考えるきっかけがありません。

そんな方々へ、ヒグマの生態についての正しい理解を促し、ヒグマと上手に付き合っていくためには?ということを伝えるため、卒業制作の題材に選ぶことにされたそうです。

制作を終えて・・・

デザインする際に、見る人にとっての使いやすさを重視し(特にスマホ)、流れを意識して制作できたこと、卒制を通して色々なコーディングにチャレンジできたことなどを良かった点として上げていらっしゃいました。

卒業制作を通して一通り経験され、これらの経験は、実際に仕事の場面でも役だったそうです!
一方、デザインに時間がかかったこと、整理されたコーディングができなかったこと、アニメーションが少ないことが心残りだったようです。

今後は、今回の反省を生かして、もっとアニメーションをつけて動きを出したり、Googleアナリティクスを導入するなど、本格的なサイト運用をしていきたいということでした。
斉藤さん、ご卒業おめでとうございます!!