Webデザイナーになるには2つのスキルが必要!現役デザイナーが解説

Webデザイナーとは

Webデザイナーになるには、主にデザインとコーディングの2つのスキルが必要です。

デザインと言えば幅広い意味がありますが、フォトショップを使用してデザインカンプ(Webサイトの完成図)を作ることが出来ればデザインが出来ると言えるでしょう。
デザインカンプを作成したあとは、コーディングでWebブラウザに表示させる作業をします。

つまり、デザインカンプを作ることができて、コーディングでWebサイトをブラウザに表示させることが出来ればWebデザイナーになることが出来ます。

この記事では、WebデザインスクールであるデジタルハリウッドSTUDIO札幌が「Webデザイナーになるために必要なこと」についてわかりやすく解説していきます。

これからWebデザイナーになりたいけど、どうすれば良いのかわからなくて困っている方は参考にしてみて下さい。

1.Webデザイナーは2つのスキルを身につければなれる

Webデザイナーになるために必要なのは「デザイン」「コーディング」の2つのスキルです。

上記のようにフォトショップやイラストレーターでデザインカンプを作成する必要があるため、グラフィックデザインソフトを扱えることが必要になります。
デザインカンプはあくまでもWebサイトの完成図なので、最終的にHTMLやCSSでコーディングするスキルも必要です。

Webデザイナーとして必要なスキルが他にも沢山ありますが、上記のスキルが最低限あればWebデザイナーとして就職したり、フリーランスで活動することが出来ます。

2.デザインで身につけるべきスキル

Webデザイナーが身につけるべきスキルの1つがデザインです。

Webサイトはクライアントが伝えたい情報をWebデザイナーが整理し、配色や構成を考え、グラフィックデザインソフトを使ってデザインを行います。

配色はWebサイトのイメージや印象を決め、構成は情報をどのように見やすく配置するかという重要な要素です。
そして、それはPhotoshopやIllustratorといったデザインソフトを使って行われることが多いです。

以上を踏まえて、ここではWebデザインをするにあたって、どのようなスキルが必要になるか解説していきます。

2-1.デザインの基礎知識がある

一般的な「デザイン」というと、なんとなく配色(色使い)やレイアウトで見栄えをよくするものだと思われることが多いといえます。

しかし、デザインとは一言でいうと「伝えたいことをわかりやすく伝える」ということです。
例えば、下記の画像のようにWebサイトの構成を整えて、見やすくするのもデザインの1つでしょう。

このWebサイトの中で伝えたいことをわかりやすくするためには、配色や構成力が欠かせません。
このようなスキルはすぐに身につくものではありませんが、まずは色々なWebデザインを見たり、伝えたい情報をどう伝えたらよいかなど意識することから始めると良いと思います。

2-2.Illustratorの基本操作ができる

Illustratorはイラストを描いたり、ロゴやアイコンを作ったりすることが出来るグラフィックデザインソフトです。

名刺やチラシなど紙媒体のデザインでよく使われるツールですが、Webデザインの現場でもロゴやグラフを作成するときによく使われます。

WebデザイナーになるためにIllustratorのツールを使ってロゴなど自分のイメージを形にできるようになると良いでしょう。

※Illustratorで作った画像は、拡大しても画質が荒くならないのでロゴやアイコンを作成するのに向いています。

2-3.Photoshopの基本操作ができる

Photoshopは主に写真を切り抜いたり、合成したりすることができる画像を編集するソフトです。
Webデザイナーはこのソフトを使って画像を加工するだけではなく、デザインカンプと呼ばれるWebサイトの完成図を作ります。

デザインカンプを元にしてWebサイトを作り上げていくので、Photoshopの基本操作は必須と言えるスキルです。
難しい画像加工ができなくても「画像の挿入をして配置を決められる」「パネルの見方がわかる」だけではなく、最低限でもデザインカンプを作れるスキルを身につけておきましょう。

3.コーディングで身につけるべきスキル

コーディングは、一般的にプログラミングと呼ばれている作業です。
みなさんが映画でよく見る「パソコンの黒い画面」を想像するとわかりやすいかもしれません。

上記の画像のようにコードを書くことで、Webサイト上に文字などが表記されます。
Webデザイナーになるために必要なコーディングのスキルは主に3つあるので、確認しておきましょう。

3-1.HTMLが書ける

Webサイトをコーディングする際にもっとも基本的なスキルが「HTMLを書ける」ことです。
HTMLはWebページを構成する言語のことで、タグを使って文章を記述することができます。

私たちが見ているWebサイトのほとんどはHTMLで書かれており、見出しやリンク、段落など文章をWebブラウザに表示する際に意味を持たせます。
したがって、HTMLが書けるのはWebデザイナーに必須のスキルといえます。

3-2.CSSでウェブサイトを装飾できる

HTMLとセットで説明されるのがCSSという言語です。
CSSはHTMLでWeb上に表示した文字の大きさを変えたり、色をつけたりと「装飾」をする言語です。

今ではHTMLとCSSで明確に役割分担がされているので、CSSがないWebサイトは、文章がただ並んでいるだけのWebサイトになってしまいます。
そのため、WebデザイナーになるにはHTMLとCSSをセットで書けるようにするスキルが求められます。

3-3.JavaScriptで動きのあるウェブサイトを作れる

JavaScriptはアプリの開発などでも使われるプログラミング言語で、一般的にWebページに動きをつけるときに使われます。
例えば、下記のようにクリックするとメニューが出てくる機能がありますが、これはJavaScriptを使うことで行えることです。

他にもたくさんの種類の「動き」をつけることが出来るので、Webサイトのデザインの幅が大きく広がる言語だといえます。

※JavaScriptで表現できることが増えてくるに伴い、HTMLとCSSだけで作られているサイトが減ってきています。なので、WebデザイナーにとってJavaScriptは必須のスキルになっているのです。

4.スクールでWebデザインを学んで内定をもらえた那須さんの事例

ここからはWebデザイナーになるために、デザインやコーディングのスキルを身につけた人の実際の声をご紹介したいと思います。
ここでご紹介するのは、デジタルハリウッドSTUDIO札幌に通っていた「那須葵さん」です。

那須さんはデジタルハリウッドSTUDIO札幌でWebデザイナーとしてのスキルを身につけて、今年(2019年)の4月に就職が決まっている受講生の方です。

まずは、Webデザイナーの勉強をする上で、何が大変だったかを聞いてみたいと思います。

4-1.デザインがもっとも苦労した

  • デザインとコーディングの勉強をする上で、一番苦労したことは何ですか?
  • 私がもっとも苦労したのはデザインです。

    コーディングに関してはもともと興味があったので、比較的すんなり覚えることができました。

    しかし、デザインはそのページに目的があってそれを達成するために、見た目などを整える必要があります。
    これは感覚ではなく理屈があるのですが、その理屈をなかなか覚えられず苦労しました。

    なので、日頃からもっとデザインに触れておく必要があったと後悔しています。

4-2.10個のスキルを身につけることが出来た

  • Webデザイナーの勉強をして、どんなことが出来るようになりましたか?
  • 私はデジタルハリウッドSTUDIOに通うことで、10個のスキルを身につけることができました。

<身につけた10個のスキル>

  • Illustrator
  • Photoshop
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • WordPress
  • FTPソフトの操作
  • タスク管理
  • ブラインドタッチ

特にHTMLとCSSのコーディングに関しては、1番自信のあるスキルです。

初めは独学でWebデザイナーの勉強をしていたので、本当にこの知識が合っているのか不安でした。
でも、スクールに通うことでプロのトレーナーに知識の確認も出来たので、結果としてたくさんのスキルが身についたと思っています。

4-3.身につけた知識を自分のものとして使えるように頑張った

  • Webデザイナーの勉強をする上で、何を頑張りましたか?
  • 必要な知識をただ覚えるだけではなく、その知識を自分のものとして使えるように頑張りました。

    ただ知識として覚えているだけでは、実際の仕事で力を発揮することはできません。
    なので、常に自分が持っている知識に疑問を持ちながら、勉強をするようにしました。

    しかし、これは自分一人ではなかなか難しかったかもしれません。
    私の場合はデジタルハリウッドSTUDIO札幌に通うことで、プロのトレーナーから勉強をする上でのアドバイスを受けることが出来たので頑張れたことだと思います。

5.Webデザイナーになるための4つの方法

ここまでWebデザイナーになるには、主にデザインとコーディングのスキルが必要ということをお伝えしてきました。

Webデザイナーとしてスキルを身につける方法は様々で「スクールに通う人」もいれば「独学で学ぶ人」もいます。
そこで、最後にWebデザイナーになるには、どんな方法でスキルを身につけるべきなのか、おすすめの方法を4つご紹介します。

5-1.Webデザインのスクールに通う

もっともおすすめなのは、Webデザインのスクールに通ってスキルを身につけることです。

スクールは自分の生活スタイルに合わせて通えるWebデザインの学校で、手順良くWebデザイナーのスキルを学ぶことができます。

なので、Webデザイナーになるために何からして良いかわからない人にオススメの方法です。

通常、スクールに通ってWebデザイナーの勉強をするなら、学校に行って授業を受けたり自宅でオンラインの授業を受けたりします。

しかし、デジタルハリウッドSTUDIO札幌では、動画教材で自分の好きなときにスキルを磨くことができます。
そのため、小さいお子様がいる女性の方でも、自宅で安心してWebデザイナーの勉強をすることができます。

5-2.独学でスキルを身につける

Webデザイナーは学歴が関係ない職業なので、独学でスキルを身につければ就職・転職することが可能です。

独学の場合、本やインターネットの情報を頼りに勉強をします。
特に本は書店にもたくさんあり、AmazonではHTML関係の本だけで400冊以上もあります。
これは、裏を返せば独学でWebデザイナーの勉強をする人が多いともいえるでしょう。

学校に通って授業を受ける必要がないので、自分のペースで勉強ができますが、わからないことを聞ける人がいなければ勉強が詰まってしまいます。
このことから、スクールや学校に通うよりもスキルが身につくまでに時間がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

5-3.ハローワークの職業訓練に通う

実は、ハローワークの職業訓練なら無料でWebデザイナーのスキルを身につけることができます。
なので、Webデザイナーになりたいものの、あまり費用をかけれないという人におすすめの方法です(最初に教材費1万円程度はあります)。

特に、現在勤めている会社を自己都合で退職した人は、職業訓練に通うことですぐに失業保険の給付を受けることができるようになります。
しかし、職業訓練は平日の9時〜夕方頃までの授業に参加しなければいけないので、在職中の方にはおすすめできません。

※職業訓練は自ら学ぶ姿勢が求められるので、授業を受ける人のモチベーションによって身につくスキルに差が出ます。

5-4.就職先で研修を受ける

新卒で大手企業に就職した場合に限りますが、就職先で働きながらWebデザイナーのスキルを身につけることが可能です。
Webデザイナーとして独り立ちできるまで研修がある企業も多いので、スクールや専門学校と同じように手順よくWebデザイナーのスキルを身につけられるでしょう。

しかし、学校と違うのは全てを教えてもらう気持ちでいると、苦労してしまう点です。
給与をもらいながらスキルを学ぶので、上司からは「わからないことはまず調べる癖をつけよう」と言われてしまうからです。

これは、実際に私も経験したことなので、今後新卒でWebデザイナーを目指す人は気をつけましょう。

※中途採用では即戦力で求められることが多く、スキルがないと採用してもらえないことが多いです。

6.まとめ

Webデザイナーになるにはデザインとコーディングの2つのスキルがあれば良いので、学歴や資格は関係ありません。

特別な理由がない限り学校に通う必要もないので、様々な方法でWebデザイナーになることができるのです。
しかし、もっともおすすめなのはWebデザインのスクールに通うことです。

スクールなら自分の生活スタイルに合わせて、手順良くWebデザイナーのスキルを身につけることができるからです。
デザインもコーディングも身につけるべきスキルが多いので、わからないことがいつでも聞ける環境に身を置くようにしましょう。